不眠解消ガイド

睡眠と健康の関係

健康でいるために


 

私達の心と体の健康にとって睡眠はとても大切な役割を果たしています。
このため健康で健やかな毎日を過ごすためには「質の良い睡眠」がとても大切なポイントになります。

ところが現代社会では、「質の良い睡眠」の妨げになる原因が数多くあります。このため不眠や過眠などの睡眠障害に関する悩みを抱える人が数多く見られます。

 

健康づくりのための睡眠指針

睡眠12箇条

厚生労働省は2014年に「健康づくりのための睡眠指針」を11年ぶりに見直しました。
この中に「健康づくりのための睡眠指針2014 ~睡眠12箇条~」があります。

睡眠12箇条とは
 

1.良い睡眠で、からだもこころも健康に
2.適度な運動、しっかり朝食、ねむりとめざめのメリハリを
3.良い睡眠は、生活習慣病予防につながります
4.睡眠による休養感は、こころの健康に重要です
5.年齢や季節に応じて、ひるまの眠気で困らない程度の睡眠を
6.良い睡眠のためには、環境づくりも重要です
7.若年世代は夜更かし避けて、体内時計のリズムを保つ
8.勤労世代の疲労回復・能率アップに、毎日十分な睡眠を
9.熟年世代は朝晩メリハリ、ひるまに適度な運動で良い睡眠
10.眠くなってから寝床に入り、起きる時刻は遅らせない
11.いつもと違う睡眠には、要注意
12.眠れない、その苦しみをかかえずに、専門家に相談を
 
引用:健康づくりのための睡眠指針2014 ~睡眠12箇条~

「健康づくりのための睡眠指針2014」は全部で約80ページ有りますが、前半には「睡眠12箇条の解説」についての簡単な説明が有るので、ぜひ一読されることをお勧めします。