不眠解消ガイド

睡眠障害|不眠症

不眠症とは

「不眠症」「睡眠障害」の一種で、夜寝つきが悪い、眠りを維持できない、朝早く目が覚める、眠りが浅く十分眠った感じがしないなどの症状が続き、よく眠れないため昼間の日常生活に支障をきたす状態が続くことを指します。

 

「不眠症」について、睡眠障害国際分類第2版(ICSD-Ⅱ)では、以下のよう定義されています。

 

「睡眠の開始と持続、一定した睡眠時間帯、あるいは眠りの質に繰り返し障害が認められ、眠る時間や機会が適当であるにもかかわらず、こうした障害が繰り返し発生して、その結果何らかの昼間の弊害がもたらされる状態」

 

不眠症の症状

「不眠症」は大きく分けて4つの症状があります。

 

・寝つきの悪い「入眠障害」
・眠りが浅く途中で何度も目が覚める「中途覚醒」
・早朝に目が覚めてしまう「早朝覚醒」
・ある程度眠ってもぐっすり眠れたという満足感が得られない「熟眠障害」

 

これらの症状を週3回程経験するようになり、それが1ヵ月以上続く場合は「不眠症」の可能性があります。

 

不眠症

 

不眠症の原因

不眠症の原因には様々な要因があります。主なものは

・枕が変わるなどの睡眠環境の変化が関係する「環境要因」
・夜間頻尿などの「身体的要因」
・悩みやストレスなどの「心理的要因」
・飲酒、喫煙や運動不足などの「生活習慣要因」

 

lady01

 

OnePoint
不眠症とはよく眠れないため昼間の日常生活に支障をきたす状態が続くことを言います。