不眠解消ガイド
不眠解消ガイド > 睡眠障害 > 睡眠関連呼吸障害

睡眠障害|睡眠関連呼吸障害

睡眠時無呼吸症候群

「睡眠関連呼吸障害」「睡眠障害」の一種で睡眠中に異常な呼吸状態を示す状態の総称です。

 

主なものには皆さんが良く聞く「睡眠時無呼吸症候群」があります。これは睡眠時に呼吸が一時的に停止したり、低呼吸になる症状をいいます。
一般的に無呼吸や低呼吸状態が一晩に30回以上、又は1時間に5回以上あれば「睡眠時無呼吸症候群」と診断されます。

 

無呼吸・・・気流(口や鼻の空気の流れ)が10秒以上停止する
低呼吸・・・10秒以上換気量が50%以上低下する症状

 

睡眠時無呼吸症候群の主な症状

あなたがもし周囲の人から、いびきや寝ている時の呼吸停止を指摘されたことがあるのであれば、「睡眠時無呼吸症候群」をおこしている可能性があります。
また起きている時でも強い眠気や倦怠感がある場合「睡眠時無呼吸症候群」を疑ってみても良いと思います。

 

寝ている時の主な症状

・いびきが止まり大きな呼吸と共にいびきが再会する
・呼吸が止まる
・呼吸が乱れる
・寝汗がひどい

 

起きている時主な症状

・起きた時に熟睡感がない
・スッキリと起きれない
・昼間に強い眠気がある
・集中力がない

 

睡眠時無呼吸症候群の原因

「睡眠時無呼吸症候群」の原因は大きく分けて2つあります。

 

1つ目は、空気の通り道である上気道が物理的に狭くなり、呼吸が止まってしまう「閉塞性睡眠時無呼吸症候群(OSA)」です。
中年以降の男性に多くみられ、睡眠中の筋弛緩により舌根部や軟口蓋が下がり気道が閉塞され、結果として空気の通りが悪くなるため、ひどいいびきや呼吸停止が起こります。

 

「閉塞性睡眠時無呼吸症候群」は体格によって睡眠時無呼吸をおこしやすい場合があります。

・首回りに脂肪が付いている
・あごが小さい
・下あごが後方に引っ込んでいる
・舌の付け根が大きい

 

2つ目は、呼吸中枢の異常による「中枢性睡眠時無呼吸症候群(CSA)」です。
脳の呼吸運動を司る神経機構の機能に異常が生じることにより、呼吸運動が消失又は減弱するために睡眠中に呼吸ができなくなります。

 

早めの治療がお勧めです

「睡眠時無呼吸症候群」は治療をせずに放置しておくと、高血圧症や高脂血症から動脈硬化が進行し、不整脈、狭心症、心筋梗塞や脳卒中などの重篤な病気を引き起こすことが知られています。

 

パートナーから無呼吸の指摘を受けたり、自覚症状がある場合は早めに専門機関の診察を受けることをお勧めします。

 

lady01

 

OnePoint
睡眠中に10秒以上の呼吸停止が5回以上繰り返されると「睡眠時無呼吸症候群」と診断される。