不眠解消ガイド
不眠解消ガイド > 睡眠障害 > 睡眠時随伴症

睡眠障害|睡眠時随伴症

睡眠時随伴症とは

「睡眠障害」の一つに「睡眠時随伴症」があります。
これは睡眠中に生じるさまざまな望ましくない現象の総称で代表的なものは以下の4つがあります。

 

睡眠時遊行症(夢遊病)

多くは小児期に見られ夢遊病ともよばれます。睡眠中に座ったり歩いたりするなどの複雑な行動で、通常は目が開いていますが自覚している形跡はありません。主に「ノンレム睡眠中」に現れる現象です。
起こしても覚醒させることは非常に困難です。また異常行動中の記憶はほとんどありません。

 

睡眠時驚愕症(夜驚症)

主に学童期に見られ夜驚症ともよばれます。「睡眠時遊行症」と同様睡眠中に突然起き出して悲鳴や泣き声、叫び声などを上げるという異常行動です。主に「ノンレム睡眠中」に現れる現象です。
悪夢とは異なり目覚めた時に本人はそのことを覚えていません。

 

レム睡眠行動障害

睡眠中の夢が行動となって現れてしまう現象で、夢を見て大声で寝言を言ったり、手足をばたつかせたり体を激しく動かしたりする異常行動です。主に「レム睡眠中」に現れる現象です。
通常レム睡眠時には筋緊張が低下しています。そのため夢を見ていても実際に体が動くことはありません。
しかし「レム睡眠行動障害」では、何らかの原因で筋緊張の抑制が障害されるため、夢で見たことをそのまま行動に移してしまうのです。

 

悪夢

睡眠中に鮮やかで生々しい夢を見て強い不安、恐怖、生命の危険などを感じてうなされて覚醒する現象で子供に多く見られます。主に「レム睡眠中」に現れる現象です。
「睡眠時驚愕症」とは異なり、どの様な悪夢を見たのかについて内容を覚えている場合が多いようです。


 

これらの「睡眠時随伴症」は成長とともに自然と無くなったりよくなることが多く、特に治療を行う必要はありません。
しかし症状があまりにも酷い場合には、薬物療法が適用されることもあります。

 

lady01

 

OnePoint
睡眠中に生じる様々な望ましくない現象を「睡眠時随伴症」と言い、夢遊病や悪夢などが含まれる