不眠解消ガイド

眠りのメカニズム|睡眠と深部体温

深部体温

体の内部の体温は深部体温と呼ばれています。この深部体温は、日中は高く夜は低いという1日周期のリズムを持っています。
深部体温は図のように、寝ている時の深部体温は起きている時に比べて低くなっています。

 

深部体温

 

深部体温が下がりつつあるときに眠りに入ると、良い睡眠がとれることが知られています。
赤ちゃんは眠くなると手が温かくなりますが、これは手足から熱を放出することで深部体温を下げて、眠りに入るための準備をしているからです
逆に冷え性などで手足の血行が悪いと深部体温が下がらないので、寝つきが悪くなります。

 

睡眠と深部体温

睡眠時に深部体温が下がりきらないと、深い眠りやが減少し中途覚醒が増えます。

 

湿度が高い梅雨時や熱帯夜になかなか寝付けないのは、体の表面から熱が逃げず、深部体温が充分に下がらないことも原因の一つです。
また冬寒い時に寝室の温度を必要以上に上げてしまうと、体の熱を上手く放出することが出来ずかえって眠れなくなってしまいます。

 

深部体温を下げる

では深部体温を上手に下げるにはどうしたらよいのでしょうか?

 

深部体温を下げるには、血行をよくして深部の熱を手足など体の表面に運び、手の平や足の裏から放出する必要があります。
このため一番簡単な方法は「ぬるめ」のお風呂に入ることです。

 

就寝の1時間前に38度~40度の「ぬるめ」のお風呂に入ることで血行がよくなり、深部体温が下がって寝付きも良くなります。

 

また夕方の軽い運動も、皮膚からの熱放散を増やすので効果的です。

 

lady01

OnePoint
熟睡するためには、体の深部体温を下げる必要がある。