不眠解消ガイド

レム睡眠とノンレム睡眠

眠りの周期

私達はただ単純に眠っているように思えますが、実は「浅い眠り」と「深い眠り」を周期的にくりかえしながら眠っています。
浅い眠りを「レム睡眠」、深い眠りを「ノンレム睡眠」と呼んでいます。
 
この眠りのリズムは、入眠して目覚めるまでおおよそ90分周期で繰り返されています。

 

 

体を休めるレム睡眠

レム睡眠の特徴

「レム睡眠」のレム(REM)とは急速(Rapid)眼球(Eye)運動(Movement)の頭文字をとったものです。
 
レム睡眠では身体は休息状態にあるのに、脳は起きている時に近い状態で活動しており、「身体の睡眠」とも呼ばれています。
レム睡眠の時は身体の力は完全に抜けていますが、顔の筋肉の痙攣や眼球が非常に速くグルグルと回るなど、脳は活動していることがわかります。
 
このレム睡眠は目覚めの準備段階にも現れ、レム睡眠の時に目覚めると、気分よく目覚めることが出来ます。

夢を見る

私たちは睡眠中夢を見ることがありますが、夢を見るのはほとんどがレム睡眠の時だと考えられています。
 
レム睡眠時に見られる眼球の動きは、夢の中で何かを目で追いかけているからではないかとも言われています。
実際このレム睡眠の最中に起こされると、夢を見ていたことをハッキリと覚えていることが多いようです。

 

脳を休めるノンレム睡眠

ノンレム睡眠の特徴

レム睡眠に対して、ノンレム睡眠は脳の活動が休息状態に入るため「脳の睡眠」とも呼ばれています。
 
ノンレム睡眠はぐっすりと寝ている状態なので、周囲で多少の物音がしたり、体を軽くゆさぶられる位では目を覚ますことはありません。
この時に無理矢理に起こすと体はすぐに活動することが出来ず、いわゆる寝ぼけたような状態になります。

レム睡眠とノンレム睡眠を比較すると

レム睡眠とノンレム睡眠を簡単に比較すると次の表のようになります。

 レム睡眠ノンレム睡眠
睡眠の役割体を休めるため脳を休めるため
脳の状態起きている状態休んでいる状態状態
体の状態休んでいる休んでいるが
筋肉の緊張は有る
猫の睡眠では

 

眠りの質

質のよい眠りを得るためには

良く眠ったという熟眠感を得るためには、ノンレム睡眠を長く取り脳を休ませることが重要です。
眠りの最初のサイクルで深く長く眠ることが出来れば、脳を十分に安召せることが出来るため、目覚めもよく熟眠感も得られます。
 
ちなみに居眠りはほとんどがノンレム睡眠なので、空いた時間にほんの少し居眠りするだけでも脳の休息になります。

すっきりとした目覚めを得るためには

朝スッキリとした状態で目をさますためには、レム睡眠状態の時に目を覚ます必要があります。
眠りが浅いこのタイミングで起きることができれば、辛くなくスムーズに起きることが出来ます。
 
逆にノンレム睡眠の状態でに起きようとすると、十分な睡眠量をとったとしても頭がぼーっとした状態となり、気持ちよく起きることが出来ません。