不眠解消ガイド
不眠解消ガイド > 眠りのメカニズム > 睡眠と成長ホルモン

眠りのメカニズム|睡眠と成長ホルモン

成長ホルモンとは

「寝る子は育つ」と昔から言われているように、人の成長と睡眠には密接な関わりがあります。
その一つが睡眠時に多く分泌される「成長ホルモン」です。

 

「成長ホルモン」は骨や筋肉の成長を促したり、痛んだ組織を修復したりと子供の健全な発育にとってたいへん重要な役割を持っているホルモンです。
また新陳代謝を活発にして肌を健康にしたり、体脂肪を分解したり体調を整える働きもしているので、子供だけでなく大人にとっても健康・若さなどを保つ上で大切なホルモンの一つです。

 

成長ホルモンの分泌量

この大切な「成長ホルモン」ですが、実は睡眠時にしか分泌されません。
それも睡眠時に常に分泌されているわけではなく、午後10時~午前4時の間に多く分泌され、夜中の2時頃に分泌量のピークを迎えます。

 

また「成長ホルモン」睡眠時の内、熟睡状態である「ノンレム睡眠」の間に多くが分泌され、特に入眠後の最初の「ノンレム睡眠」の時に最も多くの量が分泌されることがわかっています。
このため睡眠不足や質の低い眠りは「成長ホルモン」の分泌を減らす事につながてしまうのです。

 

「成長ホルモン」には疲労回復の働きがあるため、「成長ホルモン」の分泌が少ないと「よく眠ったはずなのに疲れが取ない」「眠った気がしない」ということになります。

 

 

lady01

 

OnePoint
「成長ホルモン」は入眠直後の「ノンレム睡眠」時に多く分泌される。