不眠解消ガイド
不眠解消ガイド > 眠りのメカニズム > 概日リズムと体内時計

概日リズムと体内時計

概日リズム


 

普通に規則的な生活を送っている人は、毎晩決まった時間になると自然と眠くなり、朝は自然と同じ時間に起きることができます。
この一日周期のリズムは「概日リズム」(サーカディアンリズム)と呼ばれています。
 
この「概日リズム」は、光や温度変化のない条件で安静を保った状態においても認められます。
このことから、人間には一日周期でリズムを刻む「体内時計」が備わっており、意識しなくても日中は「活動状態」に、夜間は「休息状態」に切り替わることが知られています。

 

体内時計

体内時計は25時間周期

私たち人間には、概日リズムを刻むための体内時計が備わっています。この体内時計は、脳の視床下部にある視交叉上核に存在することが分かっています。
 
私たちの一日は24時間を基準としていますが、体内時計の一日は同じ24時間ではありません!
人間の体内時計の周期は、若干長くおおよそ25時間であることがわかっています。
 
このため太陽光も入らず、時計もない外部から完全に遮断された環境で生活すると、毎日約1時間のズレを生じることになります。

体内時計が乱れると

体内時計には血圧や血糖値、ホルモン分泌などを調整する役割があります。
このため体内時計の働きが悪くなったり、乱れが生じると様々な症状が現れたり、体の不調を覚えることがあります。
 
また海外旅行に行くと時差ぼけで辛い思いをするのも、体内時計の乱れが原因と考えられています。
 

体内時計をリセットする

1時間のズレが生じたままでは生活する上で色々と支障を来すため、人間には体内時計のリズムを外界の24時間周期に一致させるシステムが備わっています。
それが朝の日光です。
 
この1時間のズレは毎朝日の光を浴びることによってリセットされ、24時間のリズムを刻むことが出来るようになるのです。
 
海外旅行などでこのリズムが狂い「時差ぼけ」になった場合は、積極的に日光を浴びることで正常なリズムを取り戻すことが出来る場合が多いのもこのためです。