不眠解消ガイド
不眠解消ガイド > 体験談 > 不眠の悩み > ゴールデンタイムに

体験談|不眠の悩み|ゴールデンタイムに

テレビや雑誌でも、夜22時から翌朝2時までの4時間は睡眠をとる時間としてはゴールデンタイムと言われています。その時間帯に寝ていれば、「体や脳にいい」「若返りに効果がある」などとよく目にしますが私はその時間帯に全く眠れず悩みました。

 

息子が2歳から3歳にかけての1年間、寝かしつけのつもりが私も一緒にウトウトして・・・というのが続き、ふと22時頃に目覚め、その後家事全般をしたら今度は寝付けず。
当時、腎臓に問題があるかもと血液、尿検査のため一年近く通院していたのです。
また、睡眠不足からか力が出ず、ボーッとしていることも増えました。

 

このせいか夫婦関係も良いとは言えず、色々なことにやる気が出なくなっていました。
腎臓は結局問題ありませんでしたが、倦怠感の抜けない生活が続いたある日、子どももいるしこんな生活ではだめだと自分に言い聞かせ、子どもや仕事中心になっていたことを考え直しました。
主人にも目を向けるようにし、家族の時間を大切にするように心掛けていたら、自然とリズムが戻って来たのです。

 

私の場合、病気がキッカケではなく主人との関係がうまくいっていないことを悩み、睡眠不足になり、それが生活リズムを崩し、体が赤信号を出しはじめていたのです。
睡眠不足は侮れないと痛感しました。

 

-30代女性-