不眠解消ガイド
不眠解消ガイド > 体験談 > 不眠の悩み > 眠りたくても眠れない

体験談|不眠の悩み|眠りたくても眠れない

私は以前、不眠症で悩んでいた時期がありました。
2年前に将来のことを考え、それまで勤めていた会社を辞め、全く違う職種の仕事に就きました。その頃から多少のストレスを感じていたのだと思います。ですが、そのときはまだ不眠に悩まされてはいませんでした。

 

新しい職場では従業員の人数がぎりぎりで、常に忙しい思いをしていました。
慣れない作業も先輩から教えてもらい、なんとかこなせていましたが、忙しい時間帯になると、ミスしないように私にできることは全てやろうと常に考えていました。
その頃から、仕事が終わり家に帰って就寝し翌日に目を覚ましたときに、前日の疲労がほとんど取れなくなっていました。
休日になると一週間分の疲れ出て特にひどかったと思います。

 

またそのころから、体はとても疲れていてすぐにでも眠りたいのに、目が冴えて眠れなくなり、睡眠時間が1時間から2時間ほどしか取れていないような状態でした。
立っているときや歩いているときは常にめまいがしていました。

 

このままでは体が壊れてしまうと思い、職場を退職し何件か病院に行きました。でも病院では体に異常がないとのことで、薬はもらえませんでした。

 

仕方なくインターネットで”不眠”、”めまい”とキーワード検索をし、自分で改善する方法を調べまることにしました。
色々と調べた結果、自律神経に異常があるため不眠になる場合があるとわかり、私は自律神経の機能を正常に戻す方法を調べました。

 

それは、熱めの湯船に浸かり、ストレスを溜め込まないようして、ゆっくり深呼吸をして体を落ち着かせることです。ストレスに感じることは、自分の手帳に書いて心を落ち着かせていました。

 

また、ラベンダーの香りが気持ちを落ち着かせる効果があると知り、寝る前にアロマオイルを焚いていました。

この方法ですぐに不眠症が改善されたわけではありませんが、徐々に眠れるようになり今では以前ほど不眠に悩まされることはありません。

 

-20代女性-