不眠解消ガイド
不眠解消ガイド > 快眠のコツ > 睡眠とお風呂

快眠のコツ|睡眠とお風呂

入浴の効果

 上手に眠りにつくためには、深部体温を上手に下げる必要があります。
この深部体温を上手に下げる最も良い手段は就寝前の入浴です。

 

露天風呂

 

 入浴すると、血液循環が行われ体全体が温まり体温が上昇します。そして入浴後は血管が拡張しているため熱が放出されやすく、結果として深部体温が下がりやすい状態となります。
この深部体温が下がる頃を見計らって寝るようにすると、上手に眠りにつくことが出来ます。

 

参考:睡眠と深部体温

 

入浴の温度

 では睡眠に適したお風呂の温度はどの位が良いのでしょうか。
熱すぎるお風呂(おおよそ42度以上)では、確かに体は温まりますが交感神経が刺激され興奮状態になってしまい、かえって眠れなくなってしまいます。

 

 上手に眠りにつくためには、40度までのぬるめのお風呂にゆったりとつかることが重要です。
ぬるめのお風呂にゆったりつかると、体の表面の血行が良くなり、体の熱を放出しやすくなります。これによって、深部体温が下がり、眠る準備が整っていくのです。

 

リラックス効果

 お風呂の効果でもう一つ重要なことはリラックス効果が得られることです。

 

38度から40度程度のぬるめのお風呂に入ると、副交感神経が刺激されリラックスすることが出来ます。
一日の疲れを取り、嫌なことを忘れゆったりとした気持ちになることで、より快眠に近づけることが出来ます。

 

ラベンダー

 

 この時自分の好きな入浴剤を入れるのも効果的です。特に「ラベンダー」や「カモミール」はリラックス効果が高いのでお勧めです。

 

lady01

 

OnePoint
快眠のためには40度前後のぬるめのお風呂にゆっくりと入り、心と体をリラックスさせる。