不眠解消ガイド
不眠解消ガイド > 眠りを妨げるもの > 過度のアルコール

眠りを妨げるもの|過度のアルコール

寝酒の習慣

寝付きをよくするために寝る前にお酒やビールを飲む習慣がある方もいると思います。寝酒は欧米では「ナイトキャップ」といって一般的な風習となっているようです。
確かに寝る前にアルコールを取ると、ストレスを紛らわすことが出来、神経の緊張を緩和する作用があるため一般的には寝付きが良くなります。

 

このため睡眠薬代わりにアルコールの力を借りるといったことが起こりがちですが、アルコールの寝付きをよくする効果は長続きしません。
眠るために寝酒を飲むことが習慣化し連日飲酒するようになると、3~7日程度でアルコールに対する耐性がついてしまうため、量を増やしていかないと眠れなくなってしまします。こうなるとアルコール依存症や肝臓障害のリスクも高まります

 

アルコール

 

睡眠の質の低下

お酒を飲んだ夜は、トイレが近くなって夜中に目覚めてしまう人もいると思います。特にビールには利尿作用があり、このため中途覚醒を引き起こしてしまい睡眠の質が低下してしまいます。

 

またアルコールの大量摂取は「レム睡眠」が減少して深い眠りが増加します。このため寝付きは良くなるのですが、睡眠の後半に目覚めやすくなり睡眠時間が短くなる傾向にあります。

 

睡眠時無呼吸症候群

就寝前のアルコールにはもう一つ注意しなければならない問題があります。お酒を飲んだ後は「いびき」がひどくなる傾向があります。これはアルコールの筋弛緩作用により、上気道を広げる筋肉が緩んだり、鼻や咽頭の通気が悪化するためです。

 

そのため上気道が閉塞して睡眠中に呼吸が止まりやすくなってしまいます。つまり、アルコールは無呼吸発生の原因になったり、「睡眠時無呼吸症候群」の症状を重くすることがあるのです。

 

上手なアルコールの取り方

このように色々と弊害のアルコールですが、楽しいお酒までやめてしまうのはかえってストレスになります。
上手にアルコールとつきあうには、寝る直前の飲酒や深酒はやめ、寝る2~3時間前までには切り上げるようにしましょう。

 

lady01

 

OnePoint
質の良い睡眠のためには、アルコールの摂取は就寝3時間前までに。