不眠解消ガイド

眠りを妨げるもの|熱いお風呂

お風呂の効果

疲れていると眠りにつく前にお風呂でゆっくりしたくなりますよね。
お風呂には体を清潔にするという目的の他に、疲れをとる、精神的にリラックス出来るといった効果があります。

 

でもお風呂の入り方を気をつけないと、睡眠に影響を与えてしまう時があります。

 

露天風呂

 

熱いお風呂

お風呂の温度には好みがあると思いますが、あまり熱いお風呂は睡眠には悪い影響を与えてしまいます。

 

熱いお風呂に入ると交感神経が刺激されます。交感神経は体を活発に活動させる時に働く神経で、血圧が上昇して瞳孔は散大し、運動時のような興奮状態となってしまいますこの興奮した状態がしばらく続くため眠れなくなってしまいます。
また熱いお風呂で必要以上に体を温めてしまうと、体の深部体温が下がるまでに時間が掛かってしまい、これも寝付きが悪くなる原因となります。

 

ぬるめのお風呂副交感神経が刺激されリラックスできる
熱いお風呂交感神経が刺激され興奮状態になる

 

寝る前のシャワー

熱いお風呂と同様に、眠りにつく前のシャワーにも注意が必要です。
特に熱いシャワーは、肌を刺激し体に余計な興奮を与えてしまいます。また入浴時のような深部体温の上昇はおきにくく、リラックス効果も少ないため寝付きは悪くなる傾向にあります。

 

lady01

 

OnePoint
38~40度位のぬるめの風呂に20~30分つかると眠りやすくなる。